WIRED vol.20 SINGULARITY+FUTURECITYISSUE

by



アラン・チューリング「計算機械と知性」
私たちは、ほんのすこし先の未来しか見渡せない。
しかし私たちが試みなければならないことがたくさんあることは、明らかである。

脳や心の機能について考えるとき、私たちの取る行動は、純粋に機械的に説明できることに気づくだろう。そこで、その行動は真の心に対応しているのではなく、いわば真の心の皮のようなものに過ぎないのだから。これを剥かなければならないと考える。しかし、そこで、皮を剥いてみても、その先には新たな皮があり、以下同様に続くというわけである。このような方法で、私たちは「真の」心に辿り着けるのか、あるいは、ついには何も無くなるまで皮を剥いてしまうのだろうか?


The ExaScaler
Genius of Motoaki Saito

エクサスケーラー 天才・齊藤元章の肖像
この項はもはや芸術です。