死にたくなったら電話して  李龍徳

by



この本の表紙を描いた田中千智ちゃんからいただきました。
千智ちゃんありがとうね〜。さいこうにカッコいいよ。
 

ざっくりですが...

「死にたくなったら電話してください。いつでも。。」と、
空っぽな日々を送る浪人生の徳山はバイトの同僚とキャバクラに行く。そこで出会ったNO.1キャバ嬢の初美から、携帯の番号と謎のメッセージを渡される。初美からの猛烈なアプローチを怪しむも、気がつけば彼女の虜に。殺人、残酷、猟奇、拷問、残虐、、、初美が、莫大な知識と記憶で語る「世界の残虐史」を聞きながらのセックスに溺れる徳山。
やがて厭世的な彼女の思考に浸食され、次々と外部との関係を切断していく...... 。

以前紹介したジョルジュバタイユ的なのもでてきますね。