川口の匠




川口の匠     企画・編集/川口市立アートギャラリー・アトリア




川口市立アートギャラリー・アトリアの開館五周年記念事業の一環として発刊された写真集「川口の匠」と題された職人達のインタビュー写真集。

写真はもちろん、インタビューの内容や、職人さんの言葉が胸に響きます。
「作るとは、」という事にふれる事ができます。


はじめに、
「この本が、人と人、ものづくりの今と未来をつなぐ、
そのきっかけになることを願います。」と。


12人の職人さん、
その中の美術鋳造師の竹脇榮九郎さんが彫刻家さんから言われた一言、
「たとえいい品物を百点納めたとしても、一度でもいいかげんなことをしたら、
君の信用はゼロだよ」と。

本当にそのとおりだなと。


そして、
12人の職人さんがが口にしていた言葉、
「ものをつくるということは、楽しいよ」と。


この言葉にこそ、ものづくりの神髄がある気がしてなりません。